株式管理・分析アプリ、KaView カビュウがトレーディング状況の把握に便利

株式のトレーディングにおいては、どのようなトレードをしていくら利益が出たのか、損失が出たのか、を把握することが、次の一手を打つ上では大切です。

そのような際に便利なのが、株式管理・分析アプリ、KaViewになります。

KaViewを利用することで、投資を可視化、振り返り分析が可能です。

なお、アメリカの株式にも対応、複数口座をまとめて集計することもできます。

本日は、このKaViewについて、レビューをしたいと思います。

資産推移のタブでは、日次、月次、年次の推移を把握する事ができます。特に便利なのが、損益の推移を把握できることです。

SBI証券だと、NISAと特定口座の取引が別れて集計されてしまうので、合算で確認することができないのですが、このツールを利用すると、他の証券会社の口座も合算して集計してもらえます。しかもビジュアルで表示がされます

さらに、Topix指標との比較も表示されるので、日々の取引がビジュアルで成功だったのか、失敗だったのか、把握することが可能です。

 

取引履歴では、現物・信用全てのインとアウトをリスト化、詳細画面では売買タイミングがチャート上に表示されます。

自身のトレーディングを1つづつ振り返ることで、成功だったのか、失敗だったのか、何がよかったのか、何が問題であったのか、把握する事ができます。

トレーディングのスキルの向上に役立つツールとなっています。

さらに、アメリカの株式にも対応し、複数口座も一元管理。家族の資産も
まとめて把握する事ができます。

サブスクモデルで月額980円と有料ですが、自身のトレードの成長に大変役立つツールで、大変便利です。ぜひお試しください。

なお、プラットフォームはiOSAndroidに対応しており、Webでの利用はできません。

KaViewのサイト

コメントを残す